日本的システム再考?2020/05/21 11:02

新コロナの対応をめぐって、日本がこれまで行ってきた行財政等のシステム(これを仮に日本的システムと名付ける)に大きなほころびや不都合な真実が次々と見えてきました。PCR検査のもたつきや統計処理以外に例えば、マスクが届かない、10万円給付に関わる問題、検察庁法改正案見送り及び文春砲、9月入学・始業やオンライン授業化をこれまで進めなかったこと、学生スポーツ中止の波に代案を示せないことなど。日本ってこんなにできない国だったの?と、がっかりしている人も多いと思います。ですが、明らかになった点を率直に見直し、新たな日本的システムを再考すべきときでは。